福岡マヤ暦入門スタートアップ①

マヤ暦入門スタートアップ講座①

☆生年月日からのキンナンバーの出し方

☆キンナンバーからの太陽の紋章・WS(ウェイブスペル)のだし方

☆ツォルキンについて学ぶ目的

☆本当の自分に返り、役割・使命を思い出す方法

☆グレゴリオ暦とマヤ暦の違いについて

☆マヤ人たちが大切にしていた考え方

☆持って生まれた役割能力がわかる銀河の音について1~13の解説

音の補完関係について/音の連携関係について/音の倍音関係について

スタートアップ1の講座で得られるもの

謎だったツォルキンの読み解き方がわかり、その日からキンナンバーから紋章や音の導きだし方がわかります

音1~13のそれぞれの特徴や意識するとよいキーワードがわかります

スタートアップ1に持参していただきたいもの

☆友人・知人・家族などできるだけ多くの人の生年月日(強制ではありませんので少なくてもOK。多いほうがたくさんサンプルがあるので音1~13の特徴を聞きながら楽しいし理解が深まります。)

☆筆記具(ペンとノート)

福岡市中央区赤坂のちゃんこ鍋とも喜にて随時開催しています。

f:id:hitomik236:20180405195356j:plain

こんな雰囲気のアットホームな講座です。

受講生参加型の講座なので、4~5時間もあっという間です。

音=役割・能力について

ひとことで言うと

自分にとっては当たり前にしていること。

特別努力しなくてもできること。

と表現しています。

例えば、音1の人は「リーダー向き」といわれますがそれは音1にとっては意識していなくても、ある性質がそうさせると解釈できます。

簡単にいうと

・太陽の紋章とWSの紋章が同じ

=顕在意識と潜在意識が一緒

・裏表のつくりようがなくどの人にもどこでも人物像が同じ➡人から信頼されやすい

・公平さや平等であるということを大事にしている

・意思決定が速い。即断即決ができる人。

という性質の人であった場合、リーダーに適していると感じませんか?

これはほんの一例ですが、人にはもってうまれた当たり前に備わっている能力があるのですが、自分ではそれを能力だとは認識していないことがあるようです。

それをツォルキンの音では、しっくりくるキーワードとして言語化されておりそれをスタートアップの講座でお伝えしおります。

f:id:hitomik236:20170910070227j:plain

このカレンダーから読み解けることが計り知れなくて、もっともっと深めてみたいと感じていきました。

そんなツォルキン活用のスタートラインに立っていただくための講座がスタートアップ①です。

なぜだかわからないけど、マヤ暦気になる!おもしろそう!楽しそう!と感じてしまう方。

一緒にマヤ暦に触れる最初の一歩踏み出してみませんか??

マヤ暦入門スタートアップ①講座 10,800

(キンナンバーの出し方/銀河の音の解説/音の関連性)

マヤ暦入門スタートアップ②講座  10,800

(紋章の関係性の出し方/20の紋章のキーワード)

マヤ暦入門ベーシック講座    10,800

(人生13年サイクル年表作成/チャクラの解説/色の意味/鏡の向こう・絶対反対KINの解説)

初回時テキスト代別途 2,160

福岡・赤坂☆マヤ暦入門基礎講座の日程

お申込み・お問合せはこちら

 

http://system.litaheart.com/28094